Totte | サン・イシドロ祭り【衣装編】


Hola! スペインブログのAoiです。

今日はLa Fiesta de San Isidro」(サン・イシドロ祭り)の【衣装編】をお届けします。

お祭りと言えば日本では浴衣を着る人が多いですが、ここマドリードでは「chulapas」と「chulapos」という鮮やかな伝統衣装をサン・イシドロ祭りの期間に着るそうです。

Chulapasは女性が着るドレスで、腰回りはタイトで裾が広がったデザインになっていて「Manila Shawl」というスペインの伝統的な刺繍と長いフリンジの付いたシルクショールを羽織ります。ドレス自体はプレーンな色(白、赤、水色など)にドット柄のものが定番みたいです。

Chulaposは男性の衣装で、黒いズボンに白いシャツ、首元は白いハンカチを巻き、格子柄のベストやジャケットにハンチング帽を身に付けます。

また、女性は「clavel」というカーネーションを頭に、男性はベストの胸ポケットに付けます。

Totte | サン・イシドロ祭り【衣装編】

色鮮やかな伝統衣装に身を包んだ夫婦やカップルが音楽に合わせて躍るのが「El chotis」というダンス。男性はほとんど身動きせず、女性が男性の周りを回り躍るそうです!男性は時計の軸のごとくクルクル小刻みに回っている感じ。

Totte | サン・イシドロ祭り【衣装編】

私たちが行った「サン・イシドロ公園」では、無料の野外コンサートも朝から晩まで開催されていて色んなジャンルのスペインの音楽も楽しめます!

午前中から始まったピクニックは、お酒やタパス、スペインの定番スナック「pipas」(味付きひまわりの種)をお供に夜10時過ぎまで続き、まさにマドリードっ子のリラックス感を体感できた想い出の一日になりました!

ちなみにpipasは癖になる味なので、一度食べ始めると止まりません!(笑)定番は塩味ですが、バーベキュー味もおすすめです!

前回はサン・イシドロ祭の【食べ物編】について書いたので、そちらもぜひチェックしてみてください。

それでは、また次回!Hasta luego!
Instagram | Facebook Twitterもやってます!

Totte | サン・イシドロ祭り【衣装編】



Top