Totte | スペインは1日5食って本当!? ースペイン食生活事情


Hola! プロカメラマン予約『Totte』のスペインブログです。

さて、今日はスペインの食事事情についてお届けしたいと思います。

スペインに初めて来た時にまず驚いたのが、食事の時間帯や概念が日本と異なること。みなさんも聞いたことがあるかもしれませんが、スペインでの食事はなんと最高「1日5食」だそうです。

そんなに食べるの!?と突っ込みたくなりますが、社交的なスペイン文化では、それほど食事の時間が大切なのでしょう。

【スペイン流】食事の流れ

Desayuno: 7時~9時にとる朝食。超軽食(例えばコーヒーやオレンジジュースのみ)

Totte | スペインは1日5食って本当!?

Almuerzo: 10時~11時にとる第二の朝食。同僚や友達とコーヒーやBocadilloと呼ばれるスペイン版サンドイッチなどを食べます。

昔、スペインで会社員をしていた旦那曰く、この時間帯になると、ほぼ毎日仲のいい同僚がデスクにやってきては「ちょっとコーヒーでも行かない?」と誘われていたみたい。

Totte | スペインは1日5食って本当!?

La Comida: 14時~16時にとるランチで、1日で最も重要な食事!ほとんどのレストランでは「Menú del día」という『本日のメニュー』があり

  • Primero plato(スープやサラダ、パエリアも結構あります!)
  • Segundo plato(お肉かお魚のメイン)

パンと飲み物も付き、更にデザートかコーヒーを選べるようになっています。通常、menú del díaは10~15ユーロぐらいの価格で、メインに合わせてワインを飲む人も多いです。

Totte | スペインは1日5食って本当!?

Merienda: 17時~20時にとる軽食。コーヒーや甘いものを食べながら、友達や家族と夕飯前の時間をゆったり過ごす時間。暖かくなると老若男女この時間をテラスで楽しむのがスペイン流!

Totte | スペインは1日5食って本当!?

Aperitivo (tapas): 20時~22時はお待ちかねのバルホッピングタイム。ここで、お気に入りのバルを2、3件はしご!ディナー(cena)をとらずに、タパスだけで済ませる人も多いみたい。

Totte | スペインは1日5食って本当!?

La Cena: 21時~23時のディナー。スペインはランチがメインなので、特に家庭では軽く済ませることが多いそうです。スペイン人の友達とディナーの約束をするとだいたい10時スタートが多いので最初はびっくりしましたが、今ではすっかりこちらのリズムに体内時計が合ってきました!

Totte | スペインは1日5食って本当!?


最後に、スペインには「Sobremesa」という独特な食事文化があるそうで、食後(特にランチの後)の30分から1時間くらいは、テーブルに残ったまま、一緒に食事をした人と過ごす大切な時間なんだとか。Sobremesaは「消化のためだよ」と言う人もいれば、ご飯を食べてリラックスしている状態だからこそ、食事相手と冗談を交わして打ち解けれるんだって!

Totte | スペインは1日5食って本当!?

それではまた次回、hasta pronto!

スペインのグルメ情報はこちら

Instagram | Facebook | Twitter もぜひ

Totte | スペイン&ポルトガルのプロカメラマン予約・撮影サービス



Top