Totte | スペインバル『タパス』ベスト5 発表!


Hola, AoiのTotteスペインブログです。

スペイン料理といえば小さなお皿にのった『タパス』をつまむバル文化、いいですよね!カフェみたいに気軽に立ち寄れるスペインバルが人気の理由が分かります。

日本の居酒屋にも似ていて一杯頼むともれなくお通しのようなつまみのタパスがでてくるところがほとんど。

そしてお寿司屋さんのカウンター越しみたいに今日のつまみの “ネタ” が飾ってるから「あ、あれ試したいな!」ってなるんです。

そこで今日はこれまで出てきた極めてレベルが高かったベスト5お通しタパス』をご紹介します!

【ベスト5】 茹でエビ | Gambas Cocidas

Totte | スペインバル『タパス』ベスト5 発表!

茹でただけでシンプルなのですが、塩っけがあって美味しいです。

日本から来た友だちのみんなに言うのですが、スペインってエビが美味しいんです!高級なエビから普通のエビまで、どれも大好き!

バルに茹で海老が飾ってあれば私はいつもお通しをこれで!って伝えるので個人的には#1に近いのですが... シーフードに明るそうなバルで飾ってあれば、ぜひお試しください!

【ベスト4】 イワシのフリット | Boquerones fritos

Totte | スペインバル『タパス』ベスト5 発表!

かなり大きめの太ったイワシのフリットです!普通の揚げ物とも違って衣も天ぷらみたいだった。

イワシって傷みやすいから鮮度が求められる魚なんですが、こちらは全く生臭さなどもなく、マヨネーズのようなアリオリソースとの相性も◎

スペイン語ではイワシの揚げ物を「Boquerones fritos」(ボケロネス・フリート)と言って、よくバルで見かけます。多分、揚げ物があるバルはどこもほとんどイワシも揚げてるんじゃないかな?
※一回り大きいサイズの『真イワシ』は Sardinaサルディーナ)です

→「スペイン語で魚&シーフードの呼び名」はこちら

【ベスト3】 海のカタツムリ | Caracoles Marinos

Totte | スペインバル『タパス』ベスト5 発表!

こちらは「海のカタツムリ」と言ってその名の通り、海に住んでいる小さなカタツムリさんたちです。

味は完全にサザエでした!

日本では馴染みの薄い食材なのですが、スペインの特に南部アンダルシア地方ではカラコレスCaracoles)と言う小さなカタツムリをよく食べます。ちなみに英語では Sea snails.

そういえば以前カラコレス専門のバルも見かけました!

【ベスト2】 ヒルダ | Gilda de anchoa, aceituna y piparras

Totte | スペインバル『タパス』ベスト5 発表!

ヒルダGilda)はよく雑誌でも「美食の街」として取り上げられるバスク地方のサンセバスティアンDonostia / San Sebastián)で定番のピンチョスです。

アンチョビの塩漬け」と「オリーブ」と「ピパッラス(piparras)というバスク産の青とうがらしの酢漬け」の三点メランジュです。

普通はつまようじみたいな小さな串で全部が繋がってるのですが、今回はそのまま出てきました。

アンチョビが脂がのっていて、すごく美味しかったです!

【ベスト1】 名前不明... | ホタルイカとパドロン唐辛子の揚げ物

Totte | スペインバル『タパス』ベスト5 発表!

ただの揚げ物の盛り合わせなので料理自体に特に名前はないのですが...

Chipirones」というホタルイカのような小さなイカをクランチーに揚げたのとスペイン北西部のガリシア地方で採れる「Pimiento de Padrón」というパドロン青唐辛子の揚げ物です

お通しのレベルを超える美味しさでした!

→このタパスはこちらのマドリードの名店で

▽ちなみにこれが結構 “普通”のバルのお通しででてきたタパスです。

Totte | スペインバル『タパス』ベスト5 発表!

オリーブ」とパタータス・ブラーバスと呼ばれる「フライドポテト&チョリーソ」でした。オリーブも玉ねぎと漬かっていて、ポテトとソーセージも美味しかったです!

▽番外編で仕事帰りにたまに立ち寄るパエリア屋さんのお通し

Totte | スペインバル『タパス』ベスト5 発表!

...パエリアでした(笑)

スペイン旅行の際はぜひタパスハンティングに!
それではまた次回、hasta luego!

スペインのグルメ情報こちら

それではまた次回、hasta luego!
Instagram | Facebook | Twitter も



Top