Totte | 『城壁の街』アビラで名物のチュレトン・ステーキ800グラムを!


Hola, AoiのTotteスペインブログです。

スペイン料理といえばスペインバルで「タパス」をつまんだり「パエリア」や「生ハム」などが有名なのですが『ステーキ』も絶品なんです!

先日、スペインでも有数の牛肉産地『アビラ』(Ávila)へ「巨大ステーキ ランチ」を目当てに行ってきました。

【結論】一人15~20ユーロでスペイン・アビラらしい絶品ランチでした!おすすめ度は星5つ ☆☆☆☆☆彡

アビラとは
城壁と聖人の町」とも呼ばれる要塞都市で、ヨーロッパでもまれにみる中世の街並みが残る街です。

▽アビラに着くなり先ず現れるのが旧市街を囲む88の塔全長2.5kmの見事な城壁!世界遺産にも登録されています。

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

アビラ牛のステーキから話がズレますが、この城壁、完全に「進撃の巨人」に出てくるウォールっぽいですよね... ちなみに初春のアビラがすごく素敵だったのでまた後日、別の記事を書きますね!

それでは気を取り直して、絶品アビラ牛のステーキランチを探しに行くと... 早速壁が!

難攻不落の要塞都市アビラの壁も無事突破!All clear, 潜入しました(笑)

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

名物!アビラ牛の巨大ステーキ『チュレトン』
今回、お目当ての800gある「アビラ牛の巨大ステーキ」はスペイン語で『チュレトン』(Chuletón)と言います。

スペインの人に「アビラに行ってきたよ!」と言えば、(お肉好きの方なら)決まって「いいね!チュレトン食べた?」と返ってくるほど。

そんな「アビラ牛のチュレトン」はスペイン語で「チュレトン・デ・アビラ」(Chuletón de Ávila)です!

アビラ牛の味は霜降り和牛の肉質とは反対で、赤身が多めのさっぱり&しっかりとした味です。

ステーキが運ばれてきたときは巨大に見えたのですが、お肉が脂こくないので意外とペロリといけます!

▽あ、でもやっぱり写真で見返すと800グラムのステーキって巨大...!私たちはこれを2人でシェアしてちょうどいいサイズでした!

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

ちなみにアビラは標高1100メートル以上もあり、アビラ牛の牛さんは高地育ち!

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

スペイン語でステーキの焼き加減
チュレトンをオーダーすると先ずウェイターさんから「ステーキの焼き加減は?」と聞かれるので:

レア=「ポコ・エチョ」(Poco Hecho)
ミディアム・レア=「サングランテ」(Sangrante)
ミディアム=「アル・プント」(Al Punto)または「メディオ」(Medio)
ミディアムとウェルダンの間=「トレス・クアルト」(3/4 四分の三の意味です)
ウェル・ダン=「ビエン・エチョ」(Bien Hecho)

これらのお好きな焼き加減をお伝えください!

上の写真で私が選んだ焼き加減はミディアムとウェルダンの間の「トレス・クアルト」でした。

アビラでステーキランチするなら
スペインのお昼といえば、遅めのスタートで量が多く長いランチが有名ですが、アビラでもランチの時間帯午後2時~4時頃です。

今回アビラでスペインランチの定番「本日のメニュー」ことMenú del Díaを頼もうと思ったら、雑学博士の旦那ストップが!

雑学博士:「スペインの人ほど大きなランチを食べない人は800gのステーキが結構重たいから、ステーキを2人でシェアするように単品で頼んで、他に前菜&デザート頼めばちょうどいい感じだよ」

とのこと。

なので今回はチュレトンのステーキ以外にアビラの郷土料理でもある大きな「白豆の煮込み」のJudías del Barco de Ávila con chorizoを注文!

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

△フディアス・デル・バルコ・デ・アビラ・コン・チョリーソと...メニューに書いてある名前が長めですが「フディアス・デル・バルコ」でOK!

周りの皆さんはチュレトンと赤ワインを。確かにゆっくりランチでこんなに大きなステーキを食べるならワインも◎

→スペインの食事タイムはこちら
→スペインで食べたいお得なランチセット『Menú del Día』はこちら

今回のレストラン:Mesón del Rastro
このお店は1885年から続く老舗レストランの Mesón del Rastroメソン・デ・ラストロ

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

旦那がスペインの会社に勤務していた時に、研修終わりのランチで同僚と立ち寄ったそう。ただ「あ、でも名前覚えてない...」とのことで... 元同期に場所を聞いて今回無事に辿り着きました!

▽お店のメニューもカバーからしてかっこいい!

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

▽場所は、Plaza del Rastroラストロ広場)にあります

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

▽古い建物の一角で昔はPalacio de los Dávilaという宮殿の厩舎だったそう。外観もCastilla y León地方の色!

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

▽ドアも石で出来ていて、石に刻まれた紋章も歴史を感じます。

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

▽現在はレストラン以外にも10部屋ほどある宿にもなっていて、お食事処の Comedorも。

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

▽スペインの伝統的な雰囲気のレストランでした!

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

▽今回は平日のランチタイムが開始する2時ピッタリに行ったので空いてました!でも、14:30~15:00から次第に混んできました!週末はもっと混むのかな?

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

▽最後にもう一回ステーキを!このボリュームで19.5ユーロですよ!

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

▽お店のすぐ外にはアビラの城壁が。ウォールマリアだ!←進撃の巨人ファンなら分かるはず...!

Totte | スペイン『城壁の街アビラ』で絶品800グラムのチュレトン・ステーキ

Mesón del Rastro
Plaza Rastro, 1, 05001, Ávila
グーグルマップ
Tel: +34 920 352 225
Open: 1PM-4PM
木~土は9PM-11PM ※お店に要確認

 

『マドリード→アビラ』でランチするベストなタイミング
マドリードからだとアビラまで車かバスで1時間ほど(北西に約90km)で行けます。

午前中にマドリードを出発すれば、アビラの旧市街の観光も出来つつ、ランチがスタートする2PMにも間に合うのでおすすめします。アビラ牛だけでなく、カスティーリャ・レオン地方の郷土料理もアビラで食べられます!

ちなみに今回の私たちのレンタカーでのルートは:
→ マドリードを午前9時に出発
→ エル・エスコリアル修道院へ朝ご飯に立ち寄って
→ エル・エスコリアルからアビラまでは下の道 CL-505を走って(カスティーリャ地方特有のすごく綺麗な風景!!)
→ 13:00頃にアビラ到着しプチ観光
→ 14:00からアビラのチュレトン(ステーキ)ランチ

…ランチの後は完全に食べ過ぎて、一日中満腹。

みなさんもぜひアビラで美味しいチュレトンを!

スペインの人気記事こちら
スペインの世界遺産こちら

それではまた次回、hasta luego!
Instagram | Facebook | Twitter も



Top